シテ方観世流能楽師 / 重要無形文化財保持者
≪こしか たかゆき≫
昭和32年生まれ、兵庫県神戸市出身
観世流能楽師越賀義隆の長男
6歳で能「鞍馬天狗」の花見で初舞台
関西学院大学社会学部卒業(在学中は能楽部に在籍)

昭和56年 観世流職分・浦田保利師に内弟子入門 現在浦田保浩師に師事
昭和61年 別家独立・観世流準職分資格取得
以降、石橋・乱・道成寺・望月・安宅・翁・清経 恋之音取・砧・求塚を披く
平成13年 重要無形文化財保持者に総合認定(日本能楽会会員)
京都観世会及び浦田定期能楽会を主な活動の場にしている

能楽の普及のため、演能の場を広げ、能楽師として新たな飛躍を目指し平成11年個人演能会「暁の会」発足
以来毎年定期的に開催し、多数の方にご覧いただき好評を得ている

父とともに社中会「隆声会」を主宰
阪神京を中心に、愛媛県松山市などで、教室を開催
各地でワークショップなどを通して愛好家の育成に努めている




第一回 船弁慶 前後之替 第九回 俊寛
第二回 山姥 第十回 隅田川
第三回 望月 第十一回 国栖
第四回 花筐 第十二回 松風
第五回 安宅 勧進帳 瀧流 第十三回
第六回 養老 水波之伝 第十四回 熊野
第七回 自然居士 第十五回 求塚
第八回 清経 恋之音取  






1995年8月 中国・モンゴル
1998年8月 アメリカ
1999年7月 スペイン
2000年11月 オーストラリア
2001年9月 フランス
2004年2月 フランス
2009年1月 アメリカ
2011年9月 エストニア
1995年以来海外公演にも多数参加 各国で賞賛された



↑クリックするとギャラリーページが開きます